FC2ブログ

KGK田中牧子主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

再会の祈り

8月21日(金)夕方、
新宿駅近くの大通りには夏期学校から無事に帰ってきて
バスを降りたばかりの学生達がワイワイしていました。

そこへ一人の卒業生と一緒に顔を出しました。
彼女は担当していたブロックの学生で1年生から4年生まで、
ぐるぐる葛藤し成長させられていく姿を傍らで見せて頂いた
社会人2年目の若い卒業生。

上京した彼女と1年ぶりに再会し、KGK事務所でゆっくり落ち着いて
分かち合い、祈り合う時を持ちました。
そして急に「ちょうど夏期学校最終日だから今から新宿に行けば
後輩たちに会えるかもよ・・!」と思い立ち、一緒に新宿へ。

彼女を見つけて歓声をあげて駆け寄ってくる後輩はもう4年生。
彼女がどう関わればいいか、悩み陰ながら祈ってきた後輩が
頼もしい存在に成長させられました。

信頼する先輩を見つけて、安心したのかうれし涙。
そして、先輩を連れて、「ずっと会ってほしかったんだ!」と
今年学内に与えられた1年生達を紹介しに行きました。

私も夏期学校帰りの学生達に声をかけ、元気そうな様子に安心し、
担当ブロックの学生達の生き生きした表情にホッと一安心。
背後の祈りに支えられて、夏期学校も実を結ぶものになりました。

だんだん学生が帰っていき、人もまばらになる頃、
道端で寄り添って祈る卒業生と後輩の姿がありました。
その二人を見ながら、学生伝道の実を見る思いでした。

自分のために祈ってくれていた先輩の存在に気づき、
共に祈り合う同労者となり、
自分も後輩のために祈る者になる。
そして久しぶりの再会は必ず祈りの場になっていく。

学生伝道は祈り合う交わりが途絶えることなく続く中で、
主と人に仕えていく困難と喜びを分かち合い、担い合う
同労者が増やされていくものですね。
2009/08/23(日) 00:31:44 未分類 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kgkmatsumoto.blog8.fc2.com/tb.php/61-0a37e8ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。