FC2ブログ

KGK田中牧子主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

主事としての祈り

■M学院大学訪問
 
 今日は母校のM学院大学を訪問しました。
 
 4月になって初めての聖研@地下にある和室。
 ここは茶道部用の部屋で、ガラス張りの窓で外から中の様子が
よく見えます。
 ときどき、通りすがりの学生がのぞいていきます。

 今日は学生5人が集まりました。
 そのうち、1人は1年生からずっと参加しているノンクリスチャンの学生。
 そして、もう1人、その子のゼミの友達で、
最近来ているノンクリスチャンの学生でした。
 友達を誘ってこれる交わりで感謝。

 聖研を終えて、片づけをしていると、
 窓の外から、職員さんらしきおじさんが身振り手振りで
 座布団の重ね方を指示している・・・
 そして笑顔で去っていった。
 
 みんなで「あの人はなんなんだ??!」と騒いでいると、

 「あの職員さんは、僕が去年よく聖研のときに一人だと
  ああやって応援してくれてたんだよね?」と、
一人の学生が教えてくれました。

 あぁ、一人でこの和室で待っているときがたくさんあったんだな・・・と
 耳に残る学生の言葉でした。

 人数がある程度いる学内グループでも、
 一人だけの祈り会や、時間になっても誰もこない聖研がある。
 それは、私も学生時代に経験したことです。

 そういうときに、足を運んで、共に祈る主事でありたい。
 学生達の直面している現実を良く知る主事でありたい。
 そう、改めて思わされました。
  
 
 
2010/04/22(木) 00:35:12 未分類 トラックバック:0 コメント(-)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kgkmatsumoto.blog8.fc2.com/tb.php/76-e47eda85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。